用語集

HOME用語集 > は行 > ほ
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A-Z 索引

ほ

Word

  ボイド (ぼいど)
解説   物体内に含まれる微小な空洞。                  
関連装置
マイクロフォーカスX線CT装置  
マイクロフォーカスX線CT装置
自社製マイクロフォーカスX線発生装置と大型高解像度フラットパネル検出器を搭載したマイクロフォーカスX線CT装置です。欠陥解析はボイドを体積別に抽出し、カラーマップで表示します。ボイド体積とカウント数をヒストグラムで出力可能
マイクロフォーカスX線透視装置  
マイクロフォーカスX線透視装置
自社製マイクロフォーカスX線発生装置と高感度フラットパネル検出器を搭載したCT機能付きX線検査装置。スムーズな切替操作により透視観察と断面観察がすばやくできます。また、BGA(ボールグリッドアレイ)のバンプ径やボイド率など測定可能

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  崩壊試験 (ほうかいしけん)
解説   試料が試験液中、定められた条件で規定時間内に崩壊するかどうかを確認するための試験装置。試料が入った試験器を試験液中で上下運動させ試験を行う。                  
関連装置
崩壊試験器NT-200  
崩壊試験器 富山産業
JP・USPに適合した崩壊試験の実施が可能です。局方規定ではバスケットの上下数は29〜32回/分と規定されていますが、この上下数を幅広く可変して製剤の崩壊性、溶解性を調べることができます(一部製品を除く)
口腔内崩壊錠試験器  
口腔内崩壊錠試験器 富山産業
エーザイ株式会社様と共同で開発された製品で、口腔内崩壊錠の崩壊性を評価することができ、ヒトによる官能評価試験を実施することなく、品質管理を行える装置となります

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

  

Word

  放射線 (ほうしゃせん)
解説   多くは強い電離作用や蛍光作用を有する。但し、紫外線も電離作用を有するが、放射線には含めない。一般的には高エネルギーであることが条件とされるが、中性子線に限ってはどんなに低エネルギーであっても放射線扱いとなることが多い。放射線は以下のように分類される。アルファ線/ベータ線/陽子線/重荷電粒子線/中性子線/宇宙線に代表される粒子線、ガンマ線/エックス線に代表される電磁放射線。
関連装置
 
放射線検出器:ゲルマニウム半導体検出器 キャンベラジャパン
ゲルマニウム半導体検出器(以下、Ge検出器)の特性は、ガンマ線(X線)スペクトル測定に用いた場合に優れたエネルギー分解能を示す
 
放射線検出器:ゲルマニウム半導体検出器 セイコー・イージーアンドジー
ゲルマニウム半導体検出器(以下、Ge検出器)の特性は、ガンマ線(X線)スペクトル測定に用いた場合に優れたエネルギー分解能を示す
 
放射線測定装置・X線管装置(放射線測定装置) サーベイメーター 日立製作所 ヘルスケア
線量率や表面汚染の測定をポータブルに行える
 
放射線測定装置・X線管装置(放射線測定装置) 個人被ばく線量計 日立製作所 ヘルスケア
個人の被ばく測定・管理を行うための線量計。被ばく線量はデジタルで読み取ることができる

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  防爆仕様 (ぼうばくしよう)
解説   防爆仕様とは、接点端子や電動モーターなどにおける電気火花などが、可燃性ガスの着火源となり発火しないように機器の構造対策を行う事をいう。また、万一の爆発に備え爆圧を上部から外へ逃がす爆発ベントなどを採用している。
関連装置
防爆型懐中電灯  
防爆型懐中電灯 アズワン
欧州のATEX防爆指令(IEC準拠)に適合した長時間点灯タイプ
安全扉(爆発ベント)付恒温器  
放圧ベント付き環境試験装置 エスペック
あらゆる分野における安全対策に対応
防爆冷凍・冷蔵庫  
防爆冷凍・冷蔵庫 大同工業所
危険場所分類『1種場所・2種場所』に設置可能な防爆冷凍・冷蔵庫などを手がける防爆の専門メーカー
防爆型ドラフトチャンバー  
防爆型ドラフトチャンバー 多田製作所
有機溶剤や引火爆発性ガスの発生する実験に使用するドラフトチャンバー
ロータリーエバポレータ N-3010d  
防爆タイプ エバポレーター 東京理化器械
N-3010d型 駆動部にエアモータ、スチーム加熱方式の電気を使用しない防爆タイプ

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  保健機能食品制度 (ほけんきのうしょくひんせいど)
解説   「保健機能食品制度」は、いわゆる健康食品のうち、一定の条件を満たした食品を「保健機能食品」と称することを認める表示の制度。国の許可等の有無や食品の目的、機能等の違いによって、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の2つのカテゴリーに分類される。国民が安心して食生活の状況に応じた食品の選択ができるよう適切な情報提供をすることを目的として平成13年4月に創設された制度。
関連装置
GPCシステム  
高速液体クロマトグラフ
対象成分の含有量の確認に
LCMS-2020  
液体クロマトグラフ質量分析計
対象成分の含有量確認及び解析作業に
原子吸光光度計  
原子吸光光度計
食品中の金属元素の含有量確認に
マルチタイプICP発光分光分析装置  
マルチタイプICP発光分光分析装置
食品中の金属元素の含有量確認及び解析に
溶出試験器[6連式] NTR-6300A/6300AC
 
溶出試験機 富山産業
健康食品錠剤の溶出時間測定に
 
→栄養機能食品
 
 
→特定保健用食品
 

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  ポジティブリスト (ぽじてぃぶりすと)
解説   一定量以上の農薬等が残留する食品等の販売等を禁止する制度。農薬・飼料添加物・動物用医薬品などが主な対象になり生鮮食品・加工食品を含めすべての食品が対象となる
関連装置
GPCクリーンアップシステム  
GPCクリーンアップシステム
「残留農薬迅速分析法」に準拠した前処理システム
ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-QP2010 Plus  
ガスクロマトグラフ質量分析計
食品中に残留する農薬の一斉分析。有機塩素系や有機リン系の農薬は超高感度で分析が可能
液体クロマトグラフ質量分析計  
液体クロマトグラフ質量分析計
食品中に残留する農薬の一斉分析。合成抗菌剤などの分析に使用
 
→ポジティブリスト
 

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ