用語集

HOME用語集 > か行 > き
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A-Z 索引

き

Word

  危険ドラッグ (きけんどらっぐ)
解説   危険ドラッグとは、2014年7月以前は、合法ドラッグ、脱法ドラッグなどと呼ばれていたもので、規制の有無を問わず、麻薬のような幻覚作用や興奮作用といった症状を引き起こし使用することが危ない物質である。麻薬や覚せい剤の分子構造の一部を別の官能基に置き換え、規制薬物に類似した作用を引き起こすことを目的とした薬物である。
関連装置
GCMS-TQ8040  
ガスクロマトグラフ質量分析装置
優れた生産性を表現する「Smart Productivity」、メッソド作成をサポートする「Smart Operation」、高感度・高速分析を可能にする「Smart Performance」。3つのSmart技術が、想像をも遥かに超えるハイパフォーマンスを発揮
ガスクロマトグラフ質量分析計  
ガスクロマトグラフ質量分析計
クラス最高のスキャン速度を実現。分析のサイクルの短縮や迅速なGCメンテナンスを実現する機能を強化。エコロジーモードにより待機時の電力やキャリアガス消費量を低減し、ランニングコスト削減や環境負荷低減に貢献
超高速トリプル四重極型質量分析計 LCMS-8040  
超高速トリプル四重極型質量分析計
イオン光学系を構成するイオンガイドおよびコリジョンセルの改良によって、高速性を犠牲にすることなくイオン透過率が向上
 
LC/MS/MS薬毒物迅速スクリーニングシステム
LC/MS/MSの分析において必要となる分離条件の検討や各化合物に対するMSパラメータの最適化などの煩雑な作業をお客様が実施することなく分析をはじめることができるため、一斉分析業務の効率化が図れる。法医学分野で事例の多い106成分の薬毒物を登録
 
GC/MS法薬毒物データベース
乱用薬物、精神神経病用薬、農薬など法薬毒物関係の化合物、502成分について、Free体、TMS体、TFA体のそれぞれ含め1,011種類のマススペクトルを登録。保持指標を用いたシミラリティ検索(類似度検索)が可能

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  輝度<色> (きど<いろ>)
解説   動画像や画像分野においては、YUV系の色空間における色を表現する3つの成分の一つで他の2つの成分は色差と呼ばれる。(YUVとは輝度信号Yと、2つの色差信号を使って実現される色空間)。
関連装置
色彩輝度計 CS-200  
色彩輝度計 コニカミノルタ
新開発の分光フィッティング方式の採用により、各種ディスプレイ、LED、ランプなどの高精度な輝度、色度、相関色温度の測定を実現。小型、軽量、バッテリー駆動で低輝度から高輝度までの測定をこの1台でカバー
色彩輝度計 BM−7A  
色彩輝度計 トプコンテクノハウス
精度の向上や測定スピードの高速化を実現し、光源色測定分野でインライン測定や光源出力調整などの用途に活躍(輝度精度のアップは±4%→±2%)

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  輝度<光学> (きど<こうがく>)
解説   輝度(光学)とは平面状の光源がある方向に単位立体角あたりに放射する光の光源における単位面積あたりの明るさのこと。
関連装置
輝度計 LS-100/LS-110  
輝度計 コニカミノルタ
ハンディタイプで機動性に優れ、低輝度から高輝度まで広領域の測定が可能、一眼レフ方式のフレアレス光学系の採用で正確な測定が可能
輝度計 BM−9  
輝度計 トプコンテクノハウス
ポケッタブルで低価格な多機能輝度計で、測定角 0.2°/1°/2°の3種類がある(目的により選択)
高感度分光放射輝度計 HS-1000  
高感度分光放射輝度計 大塚電子
超低輝度から高輝度に対応(0.005〜400,000cd/m2、CIE推奨の広い波長範囲(355nm〜835nm)に対応

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  吸光度 (きゅうこうど)
解説   物体の光吸収の度合を表す数値。ある物体を光が通った(通過するときの)ときの、入射光強度と透過光強度の比の対数で表す。
関連装置
汎用紫外可視分光光度計  
汎用紫外可視分光光度計
高機能、省スペース、汎用クラス最高の分解能1nm
紫外可視分光光度計 UV-2600/2700  
紫外可視分光光度計
高性能な中級機(シングルモノクロ/2600、ダブルモノクロ/2700)
紫外可視・近赤外分光光度計 SolidSpec-3700/3700DUV  
紫外可視・近赤外分光光度計
超大型試料室、短波長、高感度
原子吸光分光光度計 AA-6200  
原子吸光分光光度計
親切・シンプル設計(ダブルビーム測光方式、バックグラウンド補正法を標準装備/低価格・世界最小レベルのコンパクトボディ)
原子吸光分光光度計 AA-7000  
原子吸光分光光度計
トップクラスの高感度・フレキシブルなシステム構成、世界で初めて振動センサーを標準装備

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  吸着 (きゅうちゃく)
解説   吸着(きゅうちゃく)とは、物体の界面において、濃度が周囲よりも増加する現象のこと。気相/液相、液相/液相、気相/固相、液相/固相の各界面で生じる。吸着する物質を吸着剤といいます。吸着する表面が平らな場合にも吸着現象は起こるが、工業的には小さな孔(細孔)をたくさん持つ素材、すなわち多孔体が用いられることが多い。
関連装置
自動比表面積/細孔分布測定装置 トライスター  
自動比表面積/細孔分布測定装置
吸着剤をはじめとする多孔性物質の比表面積および細孔分布を測定する装置
自動ポロシメータ オートポア  
自動ポロシメータ
吸着剤をはじめとする多孔性物質の細孔分布を水銀圧入法で短時間で測定する装置

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  凝集 (ぎょうしゅう)
解説   原子・分子・イオンなどが、互いの間の引力によって集合する現象。コロイド粒子などが集合してより大きな粒子を形成すること。
関連装置
LUMSizer  
LUMSizer LUM JAPAN
遠心力で強制的に粒子を沈降させ、その変化を光学的に捉えソフトウエアで解析することにより、粒子の沈降速度・粒子径分布・分散性/分散安定性寿命評価や凝集評価の算出が行える装置
DelsaPRO  
DelsaPRO ベックマン・コールター
ゼータ電位・ナノ粒子測定装置。サンプルの凝集度合いをゼータ電位を測定し数値化可能な装置
バイオ医薬品凝集性評価システム  
バイオ医薬品凝集性評価システム(Aggregates Sizer)
バイオ医薬品の凝集体にはSVP(0.1〜10μm)領域が有り、SVP領域の測定には,これまで複数の手法を併用して解析されていましたが、本装置はSVP領域において粒子径分布のほか,粒子量を濃度(単位:μg/mL)として定量的に評価することが可能

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  キラル化合物 (きらるかごうぶつ)
解説   分子内に不斉炭素を有し、実像と鏡像が重なり合うことの出来ない一対の立体化合物をキラル化合物という。キラル化合物は鏡像異性体、光学異性体、エナンチオマーなどと呼ばれ、分析手法の一例としてクロマトグラフィーがある。分析の際にはキラル化合物専用の分離カラムを用いることが多い。
関連装置
HPLC用旋光度検出器キラライザー  
HPLC用旋光度検出器キラライザー システムズエンジニアリング
独自のマルチパス光学系(容量は20μLながら光路長200mmを実現)を用い、キラル化合物を高感度に測定します。全てのHPLCに接続可能であり、100ml/minまでの流量に対応する分取LC用セルもございます
Phenomenex製キラルカラム
                           Lux(ラックス) 島津ジーエルシー  
Phenomenex製キラルカラム Lux(ラックス) 島津ジーエルシー
多糖誘導体型のLC用キラルカラム。高品質かつリーズナブルな価格が特徴。特に分取カラムはフェノメネクス独自のパッキング技術により極めて高いパフォーマンスを発揮します
Restek製GC用キラル分割キャピラリーカラム 島津ジーエルシー  
Restek製GC用キラル分割キャピラリーカラム 島津ジーエルシー
シクロデキストリンを固定相Rtx-1701に結合させることにより、シクロデキストリン単体から製造するキラルカラムに比べてカラムライフが格段に長くなり、それにより応用範囲も広がりました

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  局所排気 (きょくしょはいき)
解説   有害物質を発生源近くに設置したフードから局所的に吸い込み、ダクトで搬送し排気ファンにより外部へ排出すること。労働安全衛生法の特化則および有機則により、有機溶剤や特定化学物質を扱う作業においては原則として局所排気装置の設置が義務付けられている
関連装置
ドラフトチャンバー CBZシリーズ  
ドラフトチャンバー 島津理化
クラス最高水準の堅牢な安全性と柔軟な機能性を備えたドラフトチャンバー。使い勝手はもとより、拡張性や操作性にも柔軟に対応可能
 
粉体封じ込め秤量システム ヤマト科学
高生理活性粉体の取扱いにおいて、安全な封じ込めができるよう専用設計された小型卓上エンクロージャー。手前開口部から背面への水平気流の整流効果が高く、セミミクロオーダーの秤量が可能。二重の廃棄物回収袋方式により清掃時の廃棄物も安全に回収が可能

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  記録管理 (きろくかんり)
解説   消防法、毒劇物取締法での指定薬品の集計、管理.JSOX法による業務遂行など、記録管理は年々重要になってきている。
関連装置
薬品管理システム CRIS  
薬品管理システムCRIS 島津エス・ディー
バーコードを利用し薬品の使用量、履歴を管理
薬品管理システム CRIS  
安全衛生業務支援システムSMIS 島津エス・ディー
安全衛生教育その他講習会の管理他

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  近赤外線 (きんせきがいせん)
解説   近赤外線とは、可視光線よりも波長の長い光です。通常、近赤外光イメージング装置では700〜900nmの光を使用する。
関連装置
紫外可視近赤外分光光度計  
紫外可視近赤外分光光度計
3検出器を搭載し、従来機では感度が低下する切替波長域をInGaAs検出器でカバーすることによって測定波長域全体に渡って高感度化を達成。 高性能ダブルモノクロメータにより、高分解(最高分解0.1nm)で超低迷光(340nmで迷光0.00005%以下)を実現。 また、測定波長範囲は185〜3300nmで、紫外,可視,近赤外の広い範囲に渡って測定を実現
SMARTNIRS 近赤外光イメージング装置  
近赤外光イメージング装置
近赤外分光法(NIRS)を用いて脳表面の酸素状態を捉えることで、脳の活動状態をリアルタイムにカラーマッピング表示を実現
プロセス用近赤外分光計 MATRIX-Fシリーズ  
プロセス用近赤外分光計 MATRIX-Fシリーズ ブルカー・オプティクス
過酷な現場環境に耐えうる新世代の装置であり、コンパクトな筐体の中に高精度かつ堅牢性に優れた分光器を内蔵。プロセスをコントロールする際に必要な工業用通信プロトコルをフルサポート

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ

Word

  金属疲労 (きんぞくひろう)
解説   材料が荷重などを繰り返し受け続ける内に亀裂や強度の劣化などがおこる現象を言い、特に金属で起こるものを金属疲労と言う。
関連装置
サーボパルサ EHF-Lシリーズ  
疲労・耐久試験機
試験片に繰り返し荷重を加え材料強度の測定を行う
走査電子顕微鏡つき高温疲労試験機SEMサーボパルサ  
走査電子顕微鏡つき高温疲労試験機
電子顕微鏡と疲労試験機を組み合わせた装置。常温から高温(Max.800℃)にわたり、試験片に繰返し負荷(Max.±5kN)を与えながらリアルタイムに微小き裂などの表面挙動を観察することができる
電磁式疲労・耐久試験システム サーボパルサ EMTシリーズ  
電磁式疲労・耐久試験システム
作動油を使わないクリーンな装置で、環境負荷の大きな廃油を出しません。 また、試験力に応じて電力を効率的に利用するエコ運転
 エア式疲労・耐久試験システム エアサーボ ADT-Aシリーズ
  
エア式疲労・耐久試験システム
空気を力の媒体として駆動しており、周囲を汚しません。さらに、空気圧が1MPa未満のため、高圧ガス保安法の対象外となり、届け出も不要
精密万能試験機オートグラフ AG-Xシリーズ  
引張・圧縮試験機
材料強度を測定する。比較的試験荷重の小さい物に使用
万能試験機 UH-Iシリーズ  
油圧式引張・圧縮試験機
材料強度を測定する。 比較的試験荷重の大きい物に使用
ひずみゲージ  
ひずみゲージ 共和電業
機械的な寸法の微少な変化(ひずみ)を電気信号として検出するセンサー

お問い合わせフォームへ

ページ先頭へ